本文へ移動

AST気功療法

AST気功療法の方法についてはこのページをご覧ください。
 
それぞれ、バナーをクリックしていただくと詳細が見れます。

人体の構成の基本は、細胞、血液、骨から成立しています。

AST気功療法の気

人体の構成の基本は、細胞、血液、骨から成立しています。
 
AST気功の気は様々な種類の気に分けられます。
 
例えば、腰に不安がある方には「骨、関節に働きかける気」などをAST気功師の手から放出します。

症状別システム気功療法(免疫療法)について

症状別システム気功療法、つまり免疫療法とは?
 
あらゆる体の情報は大脳へと報告されます。
例えば、膝を怪我をしました。痛い。この痛いという報告をまず第一に、皮膚や筋系が察知します。
二番目に神経が察知します。
それがさらに脊髄に伝わって脳の方へむかって行きます。
最後の伝達期間である大脳に到達するのです。
 
報告を受けた大脳は膝を治さなくてはいけません。そこで、大脳から発令が下されるのは、当然免疫です。
 
この経路とは逆の経路を辿って、大脳は免疫の指令を発動させることになるわけです。
 
これにより、体は治っていくわけですが、いつまでも治らない、ということは体の自然免疫が足りないということになります。
AST気功では、それを補う形で気を送るのです。
 
人は症状によって免疫の内容は違います。
その症状によって、適した気を使い、よくしていきます。
 
この少し難しい内容ですが、AST郡山気功院では、基本療法と併用し、
システム気功療法を行っております。
 
 
 
 
AST郡山気功院
〒963-8811
福島県郡山市方八町2丁目11-15
TEL.024-943-9971
0
4
2
1
1
4
TOPへ戻る